山里のご馳走
湯西川館本館ならではのおもてなし・・・
山河の旬を心ゆくまで

山里での食事というと、どのようなものを想像されますか?
当館ではとにかく地でとれたものだけにこだわって、お料理のお品をお出ししております。
素朴な山里のおもてなしです。

  • 標準料理の一例
  • 鯉の洗い
  • 岩魚の塩焼き
  • ふき煮(煮物)
  • 茶碗蒸し
  • 山の幸(山菜)の天ぷら
  • 小鍋(彩り野菜・うどん・旬の魚など)
  • 小鍋(彩り野菜・うどん・旬の魚など)
標準料理の一例 鯉の洗い 岩魚の塩焼き ふき煮(煮物) 茶碗蒸し 山の幸(山菜)の天ぷら 小鍋(彩り野菜・うどん・旬の魚など) 湯葉

自家農園では、大根・キャベツ・なす・かぼちゃ・白菜・
ししとう・大葉、その他多くの種類の野菜を自家栽培しております。
また、熊鍋、鹿の刺身、サンショウ魚のから揚げ、
川魚(イワナ・ヤマメ)の姿焼き、骨酒など
普段では味わえないオリジナル料理をご用意しております。

山菜では、タラの芽・ゼンマイ・ヤマウド・フキ・ワラビ・イラ・ミズナ・
コゴミ・舞茸・もだしなど、付近の山で採取した新鮮な旬の山菜は、
格別のおいしさです。

熊鍋付きプラン

熊鍋付きプラン

鹿刺し付きプラン

鹿刺し付きプラン

美味しくて身体に良い!ヘルシー食材
熊鍋

古より美と健康の高級食材といわれる熊肉は甘みと旨みが強く、スープや野菜にもよくダシが出ます。
脂肪はサラッとした高品質で、特に美味とされるのは冬眠前、秋の木の実をたっぷり採って栄養を溜め込んだ時期に獲れたもの、
続いて4月下旬「春クマ狩り」の頃とされています。
しばしば熊肉は「硬い」とか「臭う」とか誤解されているようですが、狩猟後の処理(血抜きや解体)の技術がないと当然臭みが出ます。
当館の親父は70歳まで熊撃ち(マタギ)をしていました。
そのため、仕留め方や処理技術にも長けた本物の猟師さんから新鮮な熊肉を仕入れ、
一番美味しい食べ方でお客様にお出ししているからこそ、とても柔らかく美味なのです。
実際、初めて熊鍋を食べたほとんどの方が、「肉はとてもやわらかく旨みたっぷり、脂肪は上質なコラーゲン」
そんな感想を持たれるようです。
現在、多くは出回らない貴重な食材で、身体を温める効果や滋養強壮が高いとされています。
そういえば中華料理の高級食材にも利用され、美肌にとても良いと珍重されていましたね。
余談ですが、湯西川の里では熊肉の栄養価と美味のため、近年まで女性は食べさせてもらえませんでした。


岩魚

イワナには多くのカリウムが含まれます。
カリウムには細胞内の酵素反応を調節する働きがあり、
エネルギーの代謝を円滑にし、
細胞が正常に活動する環境づくりをしています。
また、ナトリウムが腎臓で再吸収されるのを抑制し、
排泄をうながすことから、高血圧を予防する効果があります。

岩魚の骨酒もおすすめ。
まろやかな地酒と焼き岩魚の香ばしい香りが絶妙な味わい!

鹿刺し

ヨーロッパでは高級食材として有名ですが、
実は日本国内でも200万トンの鹿肉が流通してきました。
消費される肉類の中でも特に栄養価が高く、
高タンパク低カロリー、脂質やコレステロールが少ない
ヘルシー食材です。

公式サイト ご宿泊プラン・オンライン予約